桐らくねが選ばれる理由ランキング

子供でもできちゃう

「桐らくね」をご購入いただいた皆さんから日々ありがたいお言葉をたくさんいただいております。ありがとうございます。

 

今日は、お客様から喜ばれている点をランキングでお知らせしたいと思います!!

 

まずは第1位!!

1位 驚くほど軽い!

まず皆さんが驚かれるのは「軽い」ということ!!

当社としても一番の売りといっても過言ではありません。

「配達の人が一人で軽々持ってきたのでびっくり」とか

「自分一人で二階までもっていきました」というお声をいただいております。

皆さん、普段天然木に触れる機会が少ないので、桐の軽さには驚かれるようです。

桐のフローリング
桐のフローリングも軽くて快適

 

2位 組立不要で設置が楽々

桐らくねは箱から出してすぐ使えます^^

取り出し方もふたの部分を開けてキャスターのついている側を確認したら、

キャスター側を下になるように倒せば、引っ張るだけでベッドがでてきますのでアッという間にすぐ使えますよ!

桐らくねの取り出し方
桐らくねの取り出し方

棚板はドライバーなど使わずネジを回すだけで付けられます。

(棚板は必要なければ、つけなくてもかまいません)

 

3位 操作が簡単

「桐らくね」はシンプルな作りなので、若い方から高齢の方までどなたでも簡単に操作できます。

敷くときも折りたたむときも上から3枚目くらいの板を持つとやりやすいですよ!

子供でもできちゃう
子供でもできちゃう

お子さんでも楽々です。(実際の操作は大人の方がやってください)

 

4位 お布団が干せて、しかもストッパー不要

湿気は大敵です!こまめにお布団に風を通すことをお勧めしています。

「桐らくね」なら折りたたんだ上にお布団をサッと乗せられます。

お布団を干すときには
お布団を干すときには

 

5位 ギシギシ音がしない

金属同士のこすりあう音もしませんので、ギシギシとした不快な音はしません。

ただし、スプリングがついていますのでスプリングの音が聞こえることはあります。

長い間使っていくと「なんだか音がする」という場合もでてくるかもしれません。

その場合はネジがゆるんでいることがありますので、ドライバーなどで優しく締めてください。

気になることがございましたら、お気軽に弊社までご連絡ください。

 

 

6位 床や畳を傷つけにくい

「桐らくね」なら床や畳でも安心して使えます。

負荷がかかるとロックされる特許を持つキャスターを使っていますので、折りたたみベッドにありがちなキャスターのところだけ凹むという現象が起きません。(使用方法や使用状況におよってまったく傷がつかないということではありません)

 

7位 スリムでコンパクト

「普段は部屋を広く使いたい」という方にとってはコンパクトさは大事です。

たためば 幅18.5㎝、高さ114㎝になります(高さ24㎝のタイプ)

奥行がスリムなので、クローゼットにも入りますし、部屋の隅にも置けます。

普通車にも入る大きさなので、引っ越しのときにも楽々です。

 

 

8位 安心の日本製

桐の原材は中国ですが、職人が1つ1つ確認したうえで、新潟県新潟市西蒲区の工場から出荷しています。

無塗装で、体にやさしい接着剤を使用しています。

 

9位 シンプルなデザインで和室にも洋室にも

シンプルなデザインですので、和室でも、洋室でも違和感がありません。

新潟産業創造機構主催の「ニイガタIDSデザインコンペティション」審査委員賞を受賞しました。

2016年IDS審査員賞
2016年IDS審査員賞

若い方から高齢者の方までご満足いただけるデザインです。

 

10位 静止耐荷重200㎏の検査済み

一般に、耐荷重100㎏ほどのベッドが多い中、「桐らくね」は静止耐荷重200㎏ 合格済み!

荷重のかかるベッド中央より下の部分に、200㎏の重さをかけて検査致しました。

スプリング式のベッドマットレスを敷いて、2台並べて家族で寝ているお客様もいらっしゃいます。

(あくまでも、静止状態の検査ですので、ベッドの上で飛び跳ねたり、ドスンと座ったりすると壊れる場合がございますので、ご注意ください)

 

以上、お客様から喜ばれている点のランキングでした。

 

「桐らくね」の商品詳細、ご購入はこちらから

↓↓↓

桐らくね オンラインSHOP

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

桐で Let’s リフォーム!

桐フローリング

桐建材株式会社という名前の通り

弊社は桐のフローリングや壁材などの建材も製造しています。

なかでも皆さんに知っていただきたいのが桐のフローリング「桐ごころ」です。

桐フローリング
桐フローリング

桐のような柔らかい木材ををフローリングに?!と思われる方も多いのではないでしょうか?

もちろん桐は柔らかいので傷つきやすいです^^ですが、

ちょっとした傷なら水をつけてスチームアイロンをかければ・・・なんと!戻ってしまいます。

 

そして一番の桐のフローリングのよさは「足触り」

とにかく優しくて一年中いつもサラサラなのです・・・

 

ダイニング、寝室、子供部屋、廊下でもどこに敷いても快適です。

そして何より見た目も優しく、しかも美しい。

フロフローリング例
フローリング例
フローリング例
フローリング例
フローリング例
フローリング例

どのお宅も本当に素敵です^^

桐のフローリングにはみなさん大満足されており、そのためか桐のフローリングは口コミでのお客様がほとんどなのです。

 

桐建材株式会社では自分でフローリングを張りたい!という方も応援しています。

業者任せにしたくない、DIYが好き!自分の家は自分で作りたい!という方は

ぜひ当社までお電話ください。

 

フリーダイヤル  0120-50-8950 (平日朝9時~17時)

ご希望の方にはプロの使う道具もお貸ししますよ!(有料)

 

 

詳しくは桐ハウスのHPをご覧ください。

↓↓↓

桐ハウス

 

 

保存

保存

保存

お布団を干す際は、少し角度を広げて安定

お布団を干すときには

桐らくねは折りたたんだ上にお布団を干すことが可能です♪

「お布団を干すと倒れそうになる」という購入者様の声を聞きましたので、ちょっとご説明を!

 

桐らくねはストッパーなしで自立しますが、パタンとすべて閉じた状態でお布団を干すと、軽いためにバランスを崩します。

写真のように

少し角度を広げると、安定して自立します

お布団を干すときには

重い布団の場合はもう少し角度を狭くした頂いた方が広がりません。

ぜひ、安全に布団干しをお願いいたします。

 

 

「桐らくね」の商品詳細、ご購入はこちらからどうぞ!

↓↓↓

桐らくね オンラインSHOP

保存

保存

桐らくね 棚ボードはメガネ・携帯電話の置き場に便利です!

ネジで止めます

桐らくねには棚板(棚ボード)がついています。

携帯電話を置いたり、お薬や目覚まし時計、ティッシュなどちょっと物を置きたいときにはとても便利です。

工具など必要なく、ネジを手で締めればすぐに使えます。

棚板をつけたまま折りたたみも可能ですので、気軽につけていただければと思います。(必要がなければ、付けなくても問題ありません)

 

取り付け方は簡単!(商品に同梱する取扱説明書にも記載しています)

①「桐らくね」本体の穴と、棚板の穴を合わせます。

ヘッドボード取り付け方①
ヘッドボード取り付け方①

②ボルトと蝶ナットがあらかじめセットで入っているので、ボルトから蝶ナットをはずします。

まずはボルトを板に通してから、蝶ナットをねじれば止まります。

ネジで止めます
ネジで止めます

2個つけましたら棚板を上から軽く押さえて、グラグラしてないことを確認してください。

ボルトと蝶ナットはベッドの外側でも内側でもつけやすい方向でつけていただければと思います。

 

 

 

「桐らくね」に付ける以外にも、こんな使い方もできますよ。

 

ヘッドボードをリメイク
棚板をリメイク

弊社のトイレにはこんな感じで取り付けて棚として使ってます^^

 

「桐らくね」の商品詳細、ご購入はこちらからどうぞ!

↓↓↓

桐らくね オンラインSHOP

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

桐らくねの高さ 24センチと35センチで迷われている方へ!

軽くて、操作が簡単の「桐らくね」には
床からの高さが「24cm」と「35cm」の2種類あります。

「どちらがいいの?」というご質問をよくいただきますので、選び方についてお答えします。

 

2つのタイプの違いは?

違いは床からの高さ重さ 。

高さ24センチタイプは重さ約13.5キロ

高さ35センチタイプは重さ約15キロです。

桐の素材は同じです。

折りたたみ時も、ベッド設置時も、高さが違うだけで、ベッドの幅、長さは同じシングルサイズです。

床からの高さがある分、折りたたんだ際に35センチの方が約11センチほど高くなりますので、購入する際は収納場所の高さを測ってみることをお勧めします。

 

 

あと、もう一つの違い。

高さ35センチタイプには、横揺れ防止ストッパーが付いています

高さ35㎝タイプは高さがある分、寝返りなどで動いたときに、揺れる場合があるので、安全のために横揺れ防止ストッパーが付いています。

ベッド設置時にお客様ご自身でストッパーをはめて頂くのですが、マジックテープで簡単に取り付けられるようになっています。

(折りたたむ際ににはストッパーを外してください)

高さ24㎝タイプは、低めなので、揺れが気になることはないため、横揺れ防止ストッパーはついていません。

 

お客様の体型、生活スタイルに沿って、お選びください

★★★【低めタイプ 高さ24㎝】がお勧めの方★★★

幅200cm×奥行95cm×高さ24cm  重さは約13.5キロ

桐らくね24㎝タイプ
桐らくね24㎝タイプ

・今まで床や畳に直接布団を敷いて寝ていた方

「今までずっと布団だった」という方で、高さがあるのが不安な方は、24㎝タイプをオススメです。

・寝るときによく動くので、ベッドから落ちないか心配な場合

寝相が悪くてよく動く方は低めのタイプをお勧めしています。

私は2台並べて子供と寝ていますが、子供はベッドから落ちても低いのでそのまま床に寝てしまっているくらいです^^

・ベッドの上に高さ10センチ以上ある敷布団やマットレスを使いたい方

敷布団やマットレスの高さが高いものをお使いの場合、その分高さがプラスされますので低いタイプでも立ち上がりなどに不便はないです。

 

 

★★★【ハイタイプ 高さ35㎝】がお勧めの方 ★★★

幅200cm×奥行95cm×高さ35cm  重さは約15キロ

桐らくね35㎝ハイタイプ
桐らくね35㎝ハイタイプ

・今まで高さ40センチ以上あるベッドで寝ていた方

ベッドの買い替えなどでベッドに慣れている方は、同じような高さのほうがよいかと思います。

・身長が高めの方、膝などが痛いため、高さがあるほうが起き上がりやすいと感じる方。
35センチタイプはイスに座るくらいの高さなので、24センチタイプよりも立ち座りがより楽です。ひざや腰に不安がある方は高い方をお勧めしています。

 

ベッドのマットレス、敷布団の厚さなども考慮に入れた上で、お好みのベッドをお選びください。

 

「桐らくね」の商品詳細、ご購入はこちらからどうぞ!

↓↓↓

桐らくね オンラインSHOP

 

保存

自社サイト限定 敷布団とのお得なセットもどうぞ!

桐らくね専用敷布団

軽くて優しい桐の折りたたみベッド「桐らくね」には別売で専用敷布団がございます。

自社サイト「桐らくねオンラインSHOP」では、桐らくね+専用敷布団のお得なセットを用意しています。
お布団とセットでお買い求めいただく方も大変多いです。

 

桐らくねの専用敷布団の特徴は

●軽くて洗える(中芯はお洗濯できません)

側地が洗えます
側地が洗えます

●軽いので桐らくねと一緒に折りたためる(カーペットなど敷物がある場合は折りたたみにくいです)

一緒に折りたためる
一緒に折りたためる

●折りたたんで敷いたときに真ん中が盛り上がらないので

布団を直す手間が少ない。

専用敷布団というだけあって、桐らくねにピッタリです♪

 

 

 

桐らくね専用敷布団のメンテナンス

「桐らくね専用敷布団」はカバー(側地)を取り外して、お洗濯ができます。

いつでも清潔に保てます。

 

ご注意点としては

1、「乾燥機」には入れない

高温で生地が傷む原因になりますので、乾燥機には入れないようお願い致します。

 

2、直射日光にあてて、干さないでください

紫外線に当て続けることで生地がもろくなるので、直射日光は避けてください。

 

3、敷きっぱなしに注意

桐らくねはすのこ状ですし、布団も薄目で軽いので、つい敷きっぱなしにしてしまいがちですが、湿気にはご注意を。

ぜひこまめに干すようお願いします。

ぜひ、「桐らくね」で快適な睡眠をどうぞ。

 

「桐らくね」の商品詳細、ご購入はこちらから

↓↓↓

桐らくね オンラインSHOP

保存

保存

保存

保存

メンテナンスで末永く

桐らくねネジ締め

数年前に買っていただいた方よりお電話が。

「少し金具のところがゆるんでいるような感じがします。」と。

「桐らくね」のネジは特殊なものを使用しナットもつけてますので、できるだけゆるみがでないようになっていますが、

桐は木ゆえにどうしても経年すると金具との間にゆるみがでてくる場合があります。

「どのくらい使ったら?」という目安はなく、生活環境、ベッド利用の頻度やたたむ頻度、使い方などによってかなり違いはあります。

 

桐らくね 金具
桐らくねの金具

保存

 

ネジのゆるみは、女性でも簡単に締められます

ネジのゆるみを感じたら、そんなときはぜひ金具を締めなおしてください。

とはいえ、あまりにギューッと締めすぎると木が割れてしまう場合がありますので、ゆっくり優しく行ってくださいね。

特に構造上、難しいこともないので女性でも簡単にできますよ。

スパナ(レンチ)のような工具が必要です。

「10ミリ」と書いてあるものを選んでください。

スパナ/レンチ
スパナ/レンチ

スパナだけでできる部分のところもありますが、上はプラスドライバー、下はスパナで締める部分もあります。

 

桐らくねネジ締め
桐らくねネジ締め

ギュギュっと強くしないで、優~しく締めてくださいね。

 

メンテナンスで末永く

スプリング付の厚いベッドマットレスを使用されている場合、揺れの原因は実はマットの劣化ということも考えられますので、マットもチェックしてみてくださいね。

総桐製の家具は桐ダンスに象徴されるように、メンテナンスをすれば、末永く使って頂けるものです。

保証期間後の有償修理も承ります。

気になることがございましたら、弊社までお気軽にどうぞ!

 

「桐らくね」の商品詳細、ご購入はこちらから

↓↓↓

桐らくね オンラインSHOP
保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

「桐らくね ベッドサイドテーブル」発売しました!

総桐製サイドテーブル

総桐製サイドテーブルを発売しました!!

多くのお客様からのご要望から生まれた商品です^^

ベッド脇に置きたいものがたくさんある方もいらっしゃいますよね^^

ティッシュや本、お薬置き場として使っていただければという想いから桐箪笥で有名な桐のエキスパート、新潟県加茂市の桐職人の手を借りることが出来、満を持して発売致しました!

桐ダンス職人さんの手作りサイドテーブル

 

桐箪笥と同じ手法の釘を一切使わない「ホゾ組」で作られていてとても美しいものです。

 

使いやすい大きさ。

スライドして前に引き出せる引き出し。引き出す時のふわりとした優しい感触は桐箪笥を思わせる滑らかな動き。

随所に職人の技が光っています。

 

 

使いやすさはベッドと一緒^^

総桐製で軽いのでどこにでも移動が可能ですし、お掃除も楽々。

 

ベッドのスマホ置き場に
ベッドのスマホ置き場に

ぜひ桐らくねのサイドテーブルもベッドと一緒にいかがでしょうか?

普段お使いのテーブルの脇に置いていただいても、玄関などの物置として使っていただいてももちろんOKです。

「桐らくね」の商品詳細、ご購入はこちらから

↓↓↓

桐らくね オンラインSHOP

末永く快適に!ベッド周りのお掃除

フロアワイパーでお掃除

桐らくねをご利用のお客様は「ベッドはたたまないで敷きっぱなし」という方も多いです。
でも、常に敷きっぱなしでお掃除をしないとなるとダニやカビの原因になるので、ご注意を。ベッド周りのお掃除をまとめてみました。

とっても簡単ですので、ぜひご覧ください。

 

①換気で風通し

部屋の窓をあけて、風通しを良くするだけでダニやカビをシャットアウトできます。

ぜひ換気は毎日おこなっていただきたいものです。

 

②普段のお手入れは乾いた雑巾で

乾いたもので
乾いたもので

桐らくねは無塗装ですので、水分に弱いです。普段のお手入れは乾いた雑巾などお使いください。汚れが強い場合は堅く絞った雑巾でお願いします。

 

③布団干し、カバーのお洗濯

私達は寝ている間に毎晩コップ3杯分の汗をかくと言われており、湿気もたまっていたり、お布団も汚れています。

月に1~2度はお布団を干し、シーツやカバーを外して掃除機を念入りにかけましょう。

桐らくねならストッパーなしでお布団が干せますよ♪

コンパクト
コンパクトに干せちゃう

マットレスやお布団の表裏や向きを変えるだけでもダニやカビの発生を防げます。
向きなど変えれば、同じ部分の痛みも防げます。

 

④ベッド下のお掃除

フロアワイパーでお掃除
フロアワイパーでお掃除

桐らくねはベッド下にスペースがありますので、夏は涼しく冬はほんわりと温かいのですが、その分埃などもたまりやすいです。

できるだけベッドの下には何も置かず、風通しを良くするのがオススメです。
桐らくねは軽いので、ベッドを左右、上下に移動するのは簡単です。

少しずらせば、掃除機やフロアワイパーをかけられますよ。
⑤カビを防ごう

桐らくねは木でできていますので、湿気がたまり悪条件がそろうとカビが生える場合もあります。

布団を干し、ベッドを折りたたみ、部屋の換気をすることで、カビがはえることを防げます。

 

ちょっとしたお掃除で、末永く快適に使っていただけます。
「桐らくね」の商品詳細、ご購入はこちらから

↓↓↓

桐らくね オンラインSHOP

新幹線の中で JR東日本のカタログ「Train Shop」に掲載されました

Train Shopカタログ

新幹線に乗ると座席の前の網の中に冊子が入っていることを皆さんご存知ですか?

Train Shopカタログ
Train Shopカタログ

その冊子の名前はJR東日本の通販カタログ

「Train Shop(トレインショップ)」です。

2016年4.5月号に桐らくねが載っています!!

Train Shop2016年4.5月号
Train Shop2016年4.5月号

 

今まで桐らくねを見たことがない方の目に届くと思うとなんだかドキドキします^^

実は掲載してすぐご注文いただいたんですよ!!

桐らくねを必要とされている方のところへ届くよう、これからも頑張っていきますので応援お願い致します。

 
「桐らくね」の商品のご購入はこちらから

↓↓↓

桐らくね オンラインSHOP